起業したら全ては自分に

【 2014/08/01 】

起業を考えているという人は、多いのではないでしょうか。 不況の現在では人に使われていても、何時までたっても評価をされることがなくまたいつ解雇されるか不安な日々をするぐらいであれば、起業をして大きな利益を狙うという人も多いですよね。 不況の現在に起業をするのは厳しい状況でもありますが、IT時代の現代では個人でも起業をすることで大きな利益を得ることが出来る可能性があるだけに、チャンスに賭けてみるのも悪いことではありません。 起業をすると良いことも悪いことも、全て自分に返ってくるということをしっかりと理解しておく必要があります。 企業のもとで働くのであれば、会社の業績が悪いからといって給料が支払われないということはありませんが、自らが経営者になった場合は会社の経営が思わしくなければ、収入がないということも考えられます。 もちろん、利益を上げればあげるほどに自分の収入も増えるので、そのようなことをしっかりと覚えておきましょう。