経験がない業種での起業は難しい

経験がない業種で起業するのは、難しくて当然です。 業務内容は外から見ているだけでは分かりませんし、その業界ならではの基本的なことも一から覚えなければいけません。 これらを一つひとつ覚えながらビジネスをおこなわなければいけないので、大きな足かせになるでしょう。 不利になることばかりが多く、有利になることはほとんどありません。 起業をするなら、経験がある業界でした方が良いのです。 しかし、経験がない業種で起業するからこそ、ビジネスではチャンスになることもあります。 経験がない分習慣に捕らわれずに自由な発想でビジネスができますから、逆に強味にもなることもあるのです。 もし経験がない業種で起業をするなら、まずは自分自身の強味がなんであるか自覚してください。 そして、その強味が活かすことができるか考えましょう。 そのうえで、その業界で求められている能力、現在その分野で活躍している人たちと自分自身を比較し確信が持てるなら、起業してみるのも良いでしょう。 チャレンジをしなければ、なにも得ることはありません。 たとえ失敗をしたとしても得るものはありますから、挑戦してみる価値はあるでしょう。 ただし経験がない業種で起業をするなら、周囲には業界に精通している人を迎えてください。 精通している人と起業をしても良いですし、一般社員として経験者を採用しても構いません。 経験者を迎えることによって、足元を安定させることができます。 足元がぐらついていると、どれだけ新しい自由な発想でも、実現することは困難です。 経験がないところは周囲からサポートをしてもらいながら、ビジネスを進めていきましょう。 経営者が業界経験ゼロでも、起業をして大きく成長した企業が全くないことはありません。 むしろ、誰も想像もしたことがない新しいビジネスは、始めたときには全ての人が未経験者ともいえます。 自由な発想を考えられるのは才能ですが、経験は後から補うことができます。